トップ > 大相撲G1ゲーム > 参加方法とルール

大相撲G1ゲーム 参加方法とルール
Update:2005/04/30
大相撲G1ゲームについて
 大相撲G1ゲームは、1日目、2日目、3日目・・・14日目、千秋楽の取組で、その日に勝つと思われる幕内力士を1名ずつ指名して、勝敗を競い合うゲームです。指名した力士がその日の取組に勝つと○星、負けると●星となり、15日間の勝敗で優勝者を決めていきます。

  また次の場所の番付もこれにより決められます。大相撲と同様に番付に掲載されますので、大相撲G1ゲームの横綱を目指すという楽しみ方もあります。相撲に関する知識がない初心者の方でも気軽に参加できると思います。是非参加して下さい(^^)/

予想について
  1. 対象力士は横綱、大関を含めた幕内力士です。ただし、場所毎に横綱大関の指名による白星の割合が高くなってきているので、横綱大関陣の勝率が高い前半戦を指名不可としています。したがって、横綱大関の指名は「後半戦(9日目以降)のみ指名可(予備指名不可)」となります。

  2. 指名する幕内力士は15人+予備力士3人の計18人です。

  3. 初日=高見盛、2日目=琴光喜、3日目=時津海、4日目=土佐ノ海・・・のように、同じ力士を重複しないように指名してください。

  4. 予備力士の入れ替えは以下の通りとします。
    • 予備力士は番号の若い方から順に適用する。ただし、予備力士が途中休場した後、再出場した場合、予備力士の適用順が前後する場合がある。
    • 指名した力士が重複していた場合、予備力士と差し替える。
    • 初日から休場していた場合、予備力士と差し替える。
    • 途中休場した場合、翌日の取組から予備力士と差し替える。

  5. 予備力士の入れ替えは「当日になったら」差し替えます。予備力士をすべて使い果たした場合の休場は●星と同じ扱いとします。

  6. 関脇以下の指名力士が大関に勝った場合は銀星、横綱に勝った場合は金星とします。ただし、不戦勝と相手の反則の場合は通常の○星と同じ扱いとします。

  7. 金星、銀星、不戦勝の扱いは、当日の差し替え対象となる予備力士に対しても適用とします。
参加方法について
  1. G1ゲームに参加される方は投票までの流れの動作を行ってください。

  2. 幕内力士15人+予備力士3人の計18人を指名してください。

  3. 重複力士があるとエラーメッセージが出ます。同じ力士を重複しないように指名してください。

  4. お名前やメールアドレスの変更は別途変更画面の記事をお読みください。

  5. 締切時刻前であれば、再投票は可能です。タイムスタンプが最も遅い予想を有効とします。再投票の際はコメント欄に再投票であることを明記してください。

  6. 投票完了後は、参加者一覧でご自分の名前と投票内容を確認してください。

  7. 予想集計表にご自分の名前が反映されていない場合、何らかのトラブルで投票に失敗している可能性があります。また、回線が混雑している時間帯は送信メールが届かない場合があります。その場合、下の「G1ゲームの回答欄」にお名前と予想を書いてメールでご参加ください。

  8. お名前とメールアドレスの記入がない場合は無効となります。「新大相撲両国ふれ太鼓」掲示板に予想クイズ参加した旨の書き込みをお願いします。

  9. 受付締切は 本場所初日の16:00まで。(時間厳守)

  10. G1ゲームの結果発表は千秋楽より一週間以内が目安です。
G1ゲームの回答欄
============================================================
お名前   =
E-Mail   =
1日目   =
2日目   =
3日目   =
4日目   =
5日目   =
6日目   =
7日目   =
8日目   =
9日目   =
10日目  =
11日目  =
12日目  =
13日目  =
14日目  =
15日目  =
予備力士1 =
予備力士2 =
予備力士3 =
============================================================

大相撲G1ゲーム